FC2ブログ

レオタード アダルト

レオタードをアダルトとして見ると、そこに広がっていたのは楽園でした

レオタード アダルト バレエ

レオタードというと新体操かバレエかってところだけど、アダルトのシチュエーションとしては新体操が多い。


多分(ちょっと自身がない)。


なぜかって言えばバレエのレオタードって練習着であって本番のコスチュームではない。


だから特にアダルト作品とか探してるような男性諸君は目にする機会が圧倒的に少ないんだよね。


で結果としてバレエではなく新体操に行き着いてしまうのが各種制作してるところの流れなんじゃないかな。


ただ一切存在しないという訳じゃなくて、あくまで多くがって意味。


そうは言っても数が少ないとそれだけ逸品もない訳で自分の好みに合ったものを探すのは相当大変かもね。


個人的には新体操派だからまだマシ。


バレエのレオタード好きっていう人にあった事がないけど、いるなら苦労してるんじゃないかな。


むしろ探すっていうか自分で作ってるくらいのレベルかもしれないね。


OKしてくれるモデルさんがいれば自宅でも撮影はできたりするし。


まぁ結局はちゃんとしたスタジオで撮ってるのがほとんどだろうけど。


個人撮影会とかも活用してるのかな?まぁ詳しくは知らないけど。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

レオタード アダルト 無料

レオタードのアダルトコンテンツを無料で手に入れようとすると相当大変な思いをする。


っていうかない。


これだけだと話が終わっちゃうから現実を伝えておこうと思うんだけども。


まず無料の時点でクオリティが下がっちゃうのはアダルトコンテンツ全般に言えることだよね。


AVとかだと無料サンプルは画質荒いし短いし少ないしっていう感じ。


掲示板とかで画像を探しても結局は素人が撮影してるものだから画質が荒いからお話にならない。


特にレオタードみたいに質感とかが大切で引き気味のアングルで撮らないといけないものは相当キツイ。


だから必然的に有料コンテンツの方をオススメするっていう話になっちゃうんだな。


物量でいえばある程度あるけども、それだけで「レオタードって大して興奮しねぇな」とか思われるのは嫌だわ。


超高画質の画像やら動画の先に真のレオタードは存在する。


これは間違いない。


だからお金かけて色々物色しちゃうんだよねぇ。


まぁ撮影する人よりかはお金かからないけどさ、世界は広いのよ。


海外の人がモデルでもOKな人だと相当奥が深いと思う。


日本人しかダメってことだとAVとかはレオタード好きからすると邪道なコスチュームの使い方をしてるからねぇ・・・。


まぁあれで抜けるならそれはそれでいいんだけど、個人的にはあんまりなんだよね。


普通のAV見てる感じでレオタードじゃないんだな。


というアダルトに対する拘りというか感性があったりするんです。

レオタード アダルト 通販

アダルト通販でレオタードを売ってることがあるけど、愛好家と普通の人では感覚が違うから購入に気を付けた方がいいかも、という話。


一般論でいくとレオタードってコスプレになると思うんだけど、コスプレとして考えた場合に大切なのは露出度=エロになってくるんだよね。


そうなった時にレオタードっていうのは露出に限界があるから到達するところとしてシースルーの衣装が出てくる。


でもレオタっていうのは全身を覆われていて、尚且つ身体のラインがしっかり出るところに愛好家はエロさを感じることが多い。


これって一般論と愛好論が対局に位置しちゃってる訳だね。


で、それが何の関係があるんだってなるけど、お互いに間違った商品を買わないように気をつけないといけない。


愛好家はシースルーの製品なんてマジョリティではないし、一般的な人もごくごく普通のレオタードなんて求めていない。


本格的なコスプレを扱うところだと愛好論に寄っていたりするから、普通の人が買う時は避けた方がいいかもしれない。


買うならアダルトグッズ全般を扱ってるところで写真をしっかり確認してからがいいと思う。


まぁ間違って買ってもらってから目覚めていただくのも愛好家としてはやぶさかでないんだけど、あんまり強引なのもね。


結局のところ、これはメイド服でお給仕する人がアダルト通販でメイド服を買わないし、コスプレセックスをしたい人がメイド服専門店で買わないのと同じかな。


こういうところで住み分けって結構できてるけど、売る側がごっちゃにしてるところもあるから気を付けたいところ。


やっぱり好きでこそのコスプレだから正しい商品を買って、正しく?エロいことしてもらいたいと思ってる。

レオタード アダルト 作品

レオタードのアダルト作品を大きく分けても4~5種類あって、それぞれが特徴を持っていたりする。


1つは言わずもがな一般的に販売されているアダルトビデオの括りになる作品たち


これはいわゆる肌色成分が多くて露出とか破いたりといったプレイが好きな人には受けるんじゃないかな。


結局のところレオタードを突き詰めると着衣のままが一番エロかったりするから、入り口的な感じになると思う。


次がこれも一般販売されているイメージビデオの括り。


こっちの方がAVよりも全然良かったりするんだけど、その理由はIVだからこその成約。


最近のは見せてるのもあるけど性器を露出しないようにしてる、つまり露出度高くないし破いたりというのもあんまりない。


つまりレオタード系の作品ならそれだけお楽しみ頂けるということだ。


これはレオタード好きにとっては非常に堪らないし、現にDVDやらで販売されているアダルトビデオよりイメージビデオの方が手持ちも多い。


3つ目が一般販売されていない会員制のサイトによるアダルト作品。


これはポジティブにヤバイ、ツボを押さえすぎ。


というかレオタードが好きじゃなかったら運営できないものだからツボに入って当然か。


ただ月額料金を少なからず取られるから、本当に好きじゃないと契約したりしないと思う。


4つ目がコスプレーヤーの撮影会に繰り出してしまうというパターン。


要するに自分で作品として撮ってこいという話だけど、正直あまりレオタード着ますってシチュエーションがない。


最後がシチュエーションもないなら自分で作ればいいということで、個人でレイヤーさんとかを雇うパターン。


実際そこまで高くないから衣装とスタジオをこっちで用意して撮影というのも全然アリ。


ただし人によってNG項目があるから、契約前にしっかり条件を詰めたりしないとダメ。


あと一眼レフは必須だと思った方がいいかな。


デジカメ程度だとレイヤーさんが嫌がることもあるし、なにより見返した時の感動がとんでもなく少なくなる。

レオタード アダルト ビデオ

ぶっちゃけるとレオタードもののアダルトビデオって一切期待してない。


やっぱAVって裸見せてなんぼなところあるから、アダルトビデオとレオタードは相性悪いよ。


逆にイメージビデオだと見せちゃいけないルールが多くの作品にあるから相性がとてもいい。


ただしローションとか水で透けさせるのはいただけない。


まぁそこは好みか。


透けるのも悪くはないんだけどねぇ、時と場合によるって感じかな。


多くは着ただけでもいいんじゃないかなと思うわ。


そういうとこ考えるとレオタードって特殊だよねぇ。


裸見たい訳じゃなくて着てるとこ見たいだけだし。


だからってバレエスタジオの見学とかはいかないけどさ。


あれは練習着の要素が強いからエロさを感じないんだよね。


ただそれでエロいと感じる人もいるだろうから、無料見学やってるところは色々大変そう。


やっぱり人様に迷惑かけてまで満たす性欲はないかなと。


メリハリってなんでも大事だからね。


だからアダルトビデオにはレオタード成分を求めずにイメージビデオとか会員制サイトの作品にお世話になってます。
次のページ